沿革

1918年 大阪府堺市北旅籠町にて創業
1942年 9月 日鍛工器株式会社として大阪府堺市高須町に設立。
1952年 5月 モンキレンチのJIS表示の許可を受ける。
1957年 1月 本社および本社工場を大阪府堺市南清水町に移転する。
1957年 3月 片顎のチェーン式パイプレンチ(商品名:スーパートング)を開発し、販売開始する。
1960年 2月 両口めがねレンチのJIS表示の許可を受ける。
1960年 12月 不動産管理会社、相互建物株式会社を設立(現、株式会社スーパーツール)。
1962年 6月 単能ソケット一体型のソケットレンチ(商品名:ラチェットレンチ)を開発、販売開始する。
1962年 6月 スパナのJIS表示の許可を受ける。
1963年 3月 特殊の各種レンチ(商品名:グリッププライヤ、スナップリングプライヤ)を開発し、販売開始する。
1963年 11月 押え金具自在型(商品名:ユニクランプ)を開発し、販売開始する。
1965年 3月 営業部門を独立させ、株式会社スーパーツールを大阪府堺市南清水町に設立。
1965年 12月 工場を大阪府堺市見野山(現在地)に移転、合理的な一貫生産体制の整備と無公害設備工場を完成する。
1966年 5月 同上工場敷地内に本社を移転する。
1966年 11月 品質管理体制を整備、スーパー印製品に業界初の永久保証制度を実施する。
1966年 11月 押え金具類シリーズ製品(グースネック型、U型、Y型押え金具およびスクリューサポート類等)を開発し、販売開始する。
1974年 9月 プーラシリーズ製品(ショックプーラ、ベアリングプーラ、ベアリングセパレータ、プッシュプーラ、グリッププーラ等)を開発し、販売開始する。
1974年 6月 中小企業庁提供のTV番組で無公害設備モデル工場として放映される。
1975年 9月 配管工具類シリーズ製品(チューブカッター、ベルトレンチ、クイックレンチ、アルミ製パイプレンチ、チューブフレア等)を開発し、販売開始する。
1977年 9月 吊クランプ類鉄鋼用吊クランプシリーズ製品(立吊クランプ、横吊クランプ,吊フック等)を開発し、販売開始する。
1979年 6月 吊クランプ類大型特殊品の生産体制を整備、電動操作型コイルリフターを開発し、販売開始する。
1980年 3月 製・販一体化による経営基礎強化を図るため、株式会社スーパーツールを吸収合併し,商号を株式会社スーパーツールに変更する。
1987年 9月 経営基盤強化のため相互建物株式会社と合併する。
1994年 3月 株式をJASDAQ市場に店頭登録。
1995年 10月 クリーンルーム用特殊クレーンを開発し、販売開始する。
1996年 10月 簡易型特殊クレーンを開発、シリーズ化し販売開始する。
1997年 12月 フォークリフト型天井走行クレーン(ワークスパイダー)を開発し、販売開始する。
1998年 1月 切削式ローレットホルダーを開発し販売開始する。
2002年 7月 マイクロエアーグラインダーを開発し販売開始する。
2004年 12月 日本証券業協会への店頭登録を取り消し、株式会社ジャスダック証券取引所に株式を上場する。
2008年 6月 マグネット関連商品(サニタリーマグバー、マグスラッジクリーナー、マグバー等)を開発し発売開始する。
2010年 4月 真空チャックを開発し発売開始する。
2010年 4月 ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所(JASDAQ市場)に株式を上場する。
2010年 10月 中国に販売会社 世派機械工具貿易(上海)有限公司を設立
2011年 4月 株式会社ウエストホールデイングスとの合弁会社 YHS株式会社を設立(当社出資比率65%)
2011年 6月 YHS株式会社による太陽光パネルの仕入販売を開始
2012年 5月 YHS株式会社の株式を追加取得し、100%子会社とする。
2013年 7月 大阪証券取引所と東京証券取引所グループの合併に伴い、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に上場する。
2014年 3月 大阪府南河内郡河南町にスーパーソーラー発電所を建設し、売電事業を開始する。
2015年 3月 YHS株式会社が北田電工株式会社の全株式を取得して当社の孫会社とし、北田電工株式会社の商号を株式会社スーパーツールECOに変更する。
2015年 9月 株式会社スーパーツールECOがYHS株式会社を吸収合併し、株式会社スーパーツールECO(現連結子会社)を当社の100%子会社とする。
2016年 8月 さいたま市に東部物流センター(延床面積 6,692.76㎡)を開設する。
会社情報

ページトップへ